| main | JR遮断棒折れ3.2万人影響(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換(産経新聞)

 平成22年度予算案の策定を進める大阪府の橋下徹知事は18日、関西国際空港の連絡橋道路の負担金などをめぐる府の事業について、府議会各会派との意見交換会を始めた。府の政策決定の過程に議会の声を盛り込むのが狙いで、府議からの意見が相次いだ。今回が初めての試みで、19日まで開催される。

 18日午前は自民党府議団と意見交換。府からは府税収入が落ち込み、昭和61年度以来の1兆円割れとなる見通しで、約600億円の収支不足になると説明があった。

 関空連絡橋をめぐっては、橋下知事が場合によっては支払いを拒否する可能性を示唆していることについて、自民側から、負担金支出を要望する声があがった。橋下知事は「必要性は分かるが、大きな方向性がつかないと予算も決まらないと思う」などと述べた。

 このほか、意見交換の項目には、府立高校の授業料無償化や、府が進める槇尾川ダムや安威川ダム事業の扱いなども盛り込まれ、議員からは「授業料は公立と私立の格差が広がる形でなく、縮まる施策をしてもらいたい」といった声があがった。

 意見交換会は、橋下知事が「予算編成に議会も責任を持つべきだ」などと訴えて実現。当初は実際の編成作業に議員の参加を求めていたが、府議会側から「予算をチェックするのが議会本来の役割」といった異論があがり、意見交換会という形式を取ることになった。

 橋下知事はこの日朝、「これまでは予算策定を議会と共有する仕組みはなかったが、歳出抑制のマネジメントを議会と共有したい。全国的にもなかったことで、大阪がリードしていきたい」と話した。

【関連記事】
橋下知事「統一地方選が一世一代の大勝負に」
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」
橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」

小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕−警視庁(時事通信)
<政党交付金>初めて民主党が自民党を逆転 衆院選圧勝で(毎日新聞)
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者(産経新聞)
【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減−厚労省が通知へ(医療介護CBニュース)
<火災>飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 10:48
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
副業
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
無料ホームページ
情報商材
債務整理
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM